旅人アルマ

旅人が増えると世界は優しくなる

2016年4月11日、それが初めて旅人になった日だった。

大学で海外のことを学んでいくうちに「日本とはどういう国なんだろうか」と疑問を持ち、休学して半年間原付で日本一周をすることにした。

毎日知らない土地に行き、予想もしない絶景や人と出会うい、まるでRPGの主人公になったかのようなワクワクする日々を送るうちに気づけば旅の魅力にハマっていく。帰ってからは海外に目を向けるようになり海外を旅するようになる。

大学卒業後、一度はテレビ局に就職するも旅人して生きていく人生を捨て切れずに退社。

旅に行ける環境で働くためにフリーランスのカメラマンとして自分の腕にスキルをつけていく。

そして同時に旅を続けていくうちに「旅人が増えると世界は優しくなる」と思うようになり、自分のためだけの旅ではなく旅する文化を広め、旅人を増やす活動を行なっている。

2020年度世界一周予定。